どの会社の株を買えばいいのかわからない場合は

数千円の予算で買える安い銘柄を試し買いしてみる

始めからこの会社の株を買いたいという場合はいいですが、なんとなく株取引を始めたいというところからスタートした場合、どの銘柄を買えばいいのかかなり迷うものです。では、どういった点を重視して取引銘柄を決めればいいのでしょうか。

とりあえず、お試し的に株取引をやってみたいというのであれば、一株100円以下の安い銘柄を買ってみるという方法があります。基本的に株は銘柄によって最低でもこの株数で取引しないといけないというのが決まっていますが、一株50円で100株以上買わないといけない銘柄であれば、2500円で取引をすることが可能です。安い株というのは、案外、突然大きく値下がりすることはなく、逆にいきなり値上がりすることも珍しくないので、株の醍醐味を味わえるかもしれません。

10万円の予算があれば有名な会社の株を買える

とりあえず、有名な会社の株を買ってみるという方法もあります。10万円程度の予算があれば、よりどりみどりです。10万円で買える銘柄として、「この会社、聞いたことがある」というものがずらりと並んでいるので、特に思い入れが深いところ、商品を実際に持っていたり、サービスを利用した経験のあるところを選んで買ってみるといいでしょう。有名な会社の株を持つと、それだけでテンションが上がるものです。

予算が50万円程度あるなら、株主優待がある銘柄を選んでみましょう。たとえば、いつも通勤で利用している電鉄会社の株を買えば、株主優待として乗車券、あるいは乗車割引券をゲットできるので、その分、得になります。

株式の信用取引の金利は、証券会社から借入する時の金利を指し示す言葉です。各証券会社によって異なります。