不登校だって大丈夫!最善の解決策を考えよう。

なぜ不登校になるのでしょうか

不登校というのは年間30日以上特別な理由がないのに学校を休んでいる生徒のことですが、最近はこの不登校の生徒が非常に増えていて問題になっています。本人はもちろん家族たちも非常に困惑している例がほとんどですが、その原因については一言では言えない複雑な問題です。ある人にとっては学校の勉強に興味を持てない、勉強の進度が早すぎてついて行けない、先生の説明が分かりにくいといった学習面でのつまづきが原因の場合があります。また友達ができない、いじめにあっている、部活動が厳しすぎるなどの勉強以外の学校生活に問題がある場合もあります。学校自体には問題がなくても、思春期特有の体調の不良や心の病が原因のこともあります。

生徒の問題を理解し解決策を考える

不登校の場合、原因が何であるか分かる場合と分からない場合がありますが、まずは周りの人が、本人が学校に行けないほどに苦しんでいることを理解し受け入れることが重要です。無理やり学校に行けと言っても本人は苦しむだけでなんの解決にもなりません。その上で原因が分かる場合にはそれを解決する努力をする必要があります。学習のレベルが高すぎるならば保護者が家で勉強をみてやったり、家庭教師を頼むことやなお困難があるなら転校や通信制に代わることも選択肢の一つでしょう。友達との関係を改善するには先生と相談したり部活動を変えることも考えてみるべきでしょう。あまりにいじめがひどければ思い切って学校を代わって心機一転するのも効果的なことが多いです。心の病の場合には無理せずに専門医に助言を求めるべきです。最近は青年の問題を扱う心療内科の医院も増えていて適切な治療で良くなる場合も多くなっています。

不登校の問題に直面している場合におすすめしたいのは、さまざまな教育機関について調べる方法です。フリースクールや定時制、通信制など、さまざまなスタイルの教育機関が存在しています。