高校には種類があるの?単位制高校の特徴について

単位制高校と一般的な高校の違いとは

高校というと、学年ごとに決められた科目を勉強し、決められた単位を取得して卒業しますよね。高校はこの学年制が一般的なので、学年制だけだと思っている人も多いでしょう。実は他にも単位制があり、これは各科目に単位が決められていて、必要な単位を取得すると卒業できるというシステムになっています。この単位制は通信制高校で多く利用されていますが、全日制や定時制高校でも導入しているところがあるんですよ。単位制は決められた単位を取得できれば卒業できるため、1年の中でどの授業をどれだけ受けるかは、自分で決める事ができるんですよ。とても自由な通い方ができるのが、単位制の特徴と言えるでしょう。

単位制高校の特徴とは

単位制高校は、一般的な学年制高校とは違った特徴を持っています。例えば学年制の場合、単位を落としてしまうと留年してしまいますよね。しかし、単位制高校では留年という概念は存在せず、1年で取得しなければいけない単位数は決まっていないんですよ。そのため、自分のペースで学ぶ事ができます。単位制高校によっては、在籍に期限が設けられていないところもあるので、時間をかけてゆっくりと学習し、高校卒業を目指す事ができるんですよ。学年制の授業についていけなかった方、働きながら高校卒業資格を取得したい方など、多くの理由から選ばれています。そのため様々な年代の人が通っているので、一般的な学年制高校では出会えない人とも交流する事ができるのも、特徴だと言えます。

単位制高校とは、年齢に関係なく各学年ごとの決められた単位を修得すると、卒業が認められる高等学校のことをいいます。