ペットの病気や怪我に対策!ペット保険の重要性と選び方

ペットの医療は全額負担

ペットとして飼っている動物の様子が優れなかったり、大きな怪我をしてしまったりしたときには動物病院に連れて行くことになります。獣医による診断を受けて治療を行ってもらい、請求書を見てみると一万円以上という金額に上ってしまうこともしばしばあるのがペットの医療です。人の医療の場合にも簡単なものでも数千円になることはよくありますが、それが三割負担だと考えると一万円以上も本来はかかっているとわかるでしょう。ペットの場合には人よりも症例数が少ないことから利益幅も取らなければならず、もともとの医療費が高くなりがちです。それに加えて人のように医療保険がないことから全額負担になってしまいます。そのため、万が一の事態に備えてペット保険に加入しておくに越したことはありません。

選ぶときに重要な年間最大補償額

ペット保険を選ぶときに重要な要素はいくつもあります。自分の飼っている動物がカバーされていることは最低条件ですが、犬や猫しかカバーしていないものもあるので他の動物を飼っているときには気をつけなければなりません。次に重要になるのが年間最大補償額です。ペットが病気になって薬を飲み、通院しなければならないとなると年間で数十万円という医療費になることはよくあります。動物の種類によって基本的な医療費が異なるため、典型的な病気や怪我でどの程度の費用が通常は必要になるかを調べましょう。その際にほぼ全額カバーできるような最大補償額になっていれば問題ありません。

いくつもの会社の中から、自分でペット保険の見積もりを出していくのは、かなり手間がかかる作業といえます。そこで、一括で見積もりしてくれるネットサービスを活用すると便利です。