斬新な社員研修!マネジメントゲームが効果絶大!

マネジメントゲームの目的とは?

マネジメントゲームとは、会社を経営する上で必要なことを学べるもので、社長自身のスキルアップや社員の研修に有効です。ゲーム内では、一人ひとりが社長となって設備投資から社員採用、販売から決算書の作成など全てを行います。それを経験することで、決断力や計算力を鍛えながら戦略を学ぶことが目的です。また、利益の計画や実績、今後の対策までを考える力を身に付けることができます。

マネジメントゲームで期待する効果とは?

マネジメントゲームをすることで、疑似的に経営体験ができ、起業する上で大切な事や課題を認識することができます。実際に起業する場合、成功するかわからないので、リスクを負う覚悟が必要です。しかし、ゲームなので思いっきり自分の方針で経営することができます。もし、失敗をしてしまっても、課題となって今後に活かすことができるのです。また、経営者なら今まで知らなかった些細なことに気付き、社員なら経営感覚に触れるというお互いを知るきっかけにもなります。さらに、何回もゲームに参加することで様々な経営方針を体験でき、能力のステップアップにも繋がるのです。

マネジメントゲームの方法!

マネジメントゲームでは、一人ひとりが会社経営して1期ごとに設備投資から販売、決算までを行います。その結果で、経営戦略を立案して次期のゲームに入るのです。基本的には、決算が終わると解説をしてくれてアドバイスがあります。そこで、自分の課題を知ることができるのです。何期も繰り返して行うことで、経営の方法や決断力を身に付けることができます。

マネジメントゲームとは東京・大阪・名古屋等の六都市で材料仕入・生産・販売を行い、儲けて会社を大きくするゲームです、工場の生産やセールスマンの雇用、様々な決断を迫られます。経営の仕組みが理解できます。