ビジネス・会計が遊び感覚で身に付く!マネジメントゲームって何?

経営者の感覚を身に付けるゲーム

マネジメントゲームは近年では社員研修にも採用されており、注目度が高いと言えます。そんなマネジメントゲームは1970年代に誕生したもので、経営者視点でゲームを進めていくことで会社を経営していくうえでどのようなことを重視する必要があるのかを理解することが出来ます。

ゲームだからリスク0で学べる

マネジメントゲームの魅力は失敗してもゲームなので損をしないという点です。会社を運営していくうえで、リスクはつきものですが、リスクを恐れていては何もすることが出来ません。マネジメントゲームであればゲーム上で借金をすることはもちろん倒産をすることだってあります。このような失敗を経験することで、リスクを学び、どうすれば成功につなげることが出来るのかということを理解することが出来るのです。

自主性を育むのにも便利

失敗を恐れて自分から発言をすることが苦手という人は現代に多いです。しかし、マネジメントゲームは「自分で戦略を考えて会社を経営する」という内容のゲームであるため、自分でアイデアを考えて、会社の経営状況を良くしていくことから、「自分で考えて行動する力」を育むことが出来ます。

そして自分で定めた目標を達成することで充実感を味わうことが出来るのもマネジメントゲームの魅力です。

社員一人ひとりの自主性を育むことは、会社全体の雰囲気も、仕事の効率も大きく変えることが出来ます。そのため、実際に新入社員向けの研修だけでなく、ベテラン社員から大手企業の社長までもがマネジメントゲームを体験しています。

mg研修とは「マネジメントゲーム研修」のことで、研修者ひとりひとりが「社長」の役割となって、会社を経営するゲームを行い、経営の感覚、経営の理論を学ぶことができるものです。